About

樅山 智子  Momiyama Tomoko

作曲家/アーティスト/ドラマトゥルク/通訳・翻訳家

 

スタンフォード大学音楽学部にて作曲、人間生物学部にて文化心理学を二重専攻し、卒業。文化庁新進芸術家派遣制度により、オランダ王立ハーグ音楽院作曲科、及び王立芸術院アート・サイエンス科にて研修。日本国内のほか、アジア、ヨーロッパ、北米、中米、アフリカの各地でサイト・スペシフィックなプロジェクトを企画実施し、領域を横断する活動を展開している。福井出身、ニューヨーク/カリフォルニア育ち、東京在住。

人々とその環境との関係性に介入し、自身が視点を移動する対話の媒体となることで、現代における民俗の音楽を探求している。特に、背景の異なる人々を巻き込んだ共同作曲のプロジェクトを各所で実施しており、「旅」の共有体験をもとに複層的な共同体の物語を紡ぎだす独自の方法論を編みだしてきた。国内外の音楽家やアンサンブルとの仕事に加え、洪水・噴火被災者や先住・少数民族といったコミュニティとの作業のほか、美術家や演出家、振付家、思想家、教育者、植物学者、考古学者、地層学者など多様な分野の専門家との恊働を通して、多角的に社会に働きかける作品を発表している。 社会的マイノリティやジェンダーの問題を扱った演劇作品や、公と私の接点で記憶の所有権を問う観客参加型サウンド・インスタレーション、風や水や土と交信する儀式パフォーマンスなど、表現メディアは多岐にわたる。同時代の人々とその生活に属する音楽を生みだす試みから、既存のパラダイムに疑問を投げかけ、美学とアイデンティティの問題を掘り下げている。

 

金沢21世紀美術館(石川)、横浜みなとみらいホール(神奈川)、国立視聴覚研究所音楽研究グループINA-GRM(フランス)、カメラ・ジャパン映画祭(オランダ)、ロサンゼルス国際新音楽祭(アメリカ)、アース・アート・プロジェクト芸術祭(インド)、ウンヤジ電子音楽祭(南アフリカ)など、様々なフェスティバルや文化機関から招聘委嘱を受ける。日本財団アジア・フェローシップ、明治安田生命社会貢献プログラム「エイブルアート・オンステージ」ほか、複数の助成を受賞。マイノリマジョリテ・トラベル主宰。日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)理事。アート・トランスレーターズ・コレクティブ創立メンバー。

© Tomoko Momiyama